TOP

おすすめする理由、イマイチだった悪い理由など。みんなの口コミをもとに調査した電子タバコ(VAPE)ランキング!

電子タバコ(VAPE)はどれがおすすめ?みんなの口コミランキング
      このエントリーをはてなブックマークに追加

電子タバコ(VAPE)はどれがおすすめ?みんなの口コミランキング

この番組は今話題の電子タバコ(VAPE)を実際に買って吸って試してみた人の口コミや評判から独自に採点を行いランキングとしてまとめたサイトです。美味しかった→「味」として。どんな味のラインナップがある?→「種類」として。安い?高い?→「値段」として。害などの心配については→「安全性」として。壊れやすい?故障しにくい?などの感想は→「品質」として査定。ニコチンのあり・なしについての詳細やそれぞれの製品の特徴や違いについても[みんながおすすめする理由は?]にて詳しく解説しています。おすすめの電子タバコはどの製品だったか?感想や購入者の声と合わせて商品選びの参考にお役立てください。

 

C-Tec DUO(シーテックデュオ)の画像C-Tec(シーテック)

 

味:
種類:
値段:
安全:
品質:

詳細をみる≫

3種類のカラーがある+Beauty(プラスビューティー)の商品イメージロアレス

 

味:
種類:
値段:
安全:
品質:

詳細をみる≫

フレンバー(青)の画像フレンバー

 

味:
種類:
値段:
安全:
品質:

詳細をみる≫

JPベポのI-1600シリーズ、カラー3種類 JPベポ(JPvapor)

 

味:
種類:
値段:
安全:
品質:

詳細をみる≫

カラーバリエーション豊富なVP ONE(ヴィピーワン)各種VP ONE(ヴィピーワン)

味:
種類:
値段:
安全:
品質:

詳細をみる≫

 

 

C-Tec

 

C-Tec(シーテック)のスターターキットと吸っている外国女性のイメージ

 

特徴:
・ニコチン、タールなし
・低ランニングコストで経済的
・フレーバーはカートリッジを交換

 

『ビタミンC』を簡単に吸引できる新感覚のミストサプリとして話題を博しているのがC-Tec(シーテック)。芸能人をはじめ多くのファンがいる人気急上昇中の製品です。味や吸い心地、選べるフレーバーの香りの種類やおしゃれでスタイリッシュな形状が愛好家急増のポイント。プルームテックの互換品としても使用できる。

 

・C-Tec(シーテック)ってどんな電子タバコ?
・試してみた人の口コミは?
・みんながおすすめする理由は?

 

 

 

ロアレス

 

ロアレスのスティックと箱、女性が手に持ったイメージの画像

 

特徴:
・ニコチンなし・タールなし
・フレーバーは天然植物由来成分がベース
・カートリッジ交換式

 

女性目線でデザインされたおしゃれな外観とついつい癖になる癒しの風味が6タイプ。USB充電器や持ち運びに便利な専用ケースが付いたスターターキットが2,300円とリーズナブルで女性を中心に大人気のVAPE式電子タバコロアレス。満タンで吸引可能回数は1本あたり約350回(※紙タバコ1本が約12回の吸引)と持続力も従来の製品よりアップ!

 

・ロアレスってどんな電子タバコ?
・試してみた人の口コミは?
・みんながおすすめする理由は?

 

 

 

フレンバー

 

フレンバーの本体(アトマイザー+バッテリー部分)の画像と12種類のフレーバー

 

特徴:
・ニコチン、タールなし
・機種はそれぞれ仕様が異なるFrienbr STANDARD、Frienbr ONE、Frienbr CLOUD17の3タイプ。
・12種類のリキットがある

 

アトマイザーにリキッドを注入して蒸発させ水蒸気のフレーバー(香り)を楽しむ話題のVAPE。デザインの種類が豊富でおしゃれ&ファッショナブルと評判。使い方も簡単なので初心者向きという感想も。リキットが日本製ということもあって安全面も人気の理由に。コンプリートキットの購入でおしゃれな専用ハードケースも手に入るのでアクセサリーや付属品の購入手間いらず。

 

・フレンバーってどんな電子タバコ?
・試してみた人の口コミは?
・みんながおすすめする理由は?

 

 

 

JPvapor(ジェイピーベポ)

 

JPvapor(ジェイピーベポ)のイメージガールと商品+リキット画像

 

特徴:
・ニコチン、タールなし
・リキットはアメリカ産、オーガニック成分にこだわっている
・12種類のリキットがある

 

他社製品と比べて煙(水蒸気)の量が多いので、吸った感覚や満足度が得られると評判のペン型電子タバコ。煙の量は電圧をコントロールすることで調整できる。5,382円のI-1600スターターキットならお試しリキッド3本や付属の必需品も全て揃っているので初心者にもリーズナブル。有名ミュージシャンやタレントなど芸能人も愛用者が多い。リキットはカリフォルニア産の天然由来成分にこだわり安心安全を追求しているのもオススメポイント。

 

・JPvaporってどんな電子タバコ?
・試してみた人の口コミは?
・みんながおすすめする理由は?

 

 

 

VP ONE(ヴィピーワン)

 

VP ONE(ヴィピーワン)本体と吸っている女性のイメージ画像

 

特徴:
・ニコチン、タールなし
・安心安全の国産ブランド(リキットは中国製)
・コイルが一体化したアトマイザーで交換簡単

 

日本初の本格電子タバコブランド「VP」から発売されているニコチンの入ってない水蒸気の電子タバコ(vape)のスターターセット。女性でも手にフィットするコンパクトサイズとスタイリッシュな5色のデザインで人気。2800円というコスパの良さやチョコやコーヒーなど個性的なフレーバーが楽しめるとあって女性ファン急増のアイテム。ビタミン・コエンザイムQ10を配合した使い捨てタイプのヴイピースリムも人気。

 

・VP ONE(ヴィピーワン)ってどんな電子タバコ?
・試してみた人の口コミは?
・みんながおすすめする理由は?

 

 

 

おすすめの理由を調査!

 

巷のうわさやネット上に投稿されている口コミ等から「なぜその電子タバコがおすすめなのか?」ポイントや理由をまとめました。

 

C-Tec(シーテック)がおすすめの理由は?

 

>C-Tec(シーテック)のスターターキットとフレーバー4種類

 

健康面での理由

 

・タールなし、ニコチンなし→禁煙を目的として利用する人が多い
・ビタミンが配合されている→吸うサプリとして特に女性から支持

 

使用のしやすさ

 

・ただくわえて吸うだけ→電源を入れたり消したりの手間がない
・充電式でカートリッジ部分の交換だけで何度でも使える
・他社製品と比べて圧倒的にスリムでコンパクト。かつスティックタイプなので持ち歩きが便利

 

値段、コスパの良さ

 

・カートリッジは5個入って2000円。1本あたり=400円=約400回吸える!
→これは普通のタバコで言うと1,5箱分に相当。

 

・使い捨てタイプと違って充電することで何度も使用できる!
本体を何度も購入する必要がない

 

スターターキットを買えば初期コストは2,300円(税別)で試すことができる!
→ニコチンなしの電子タバコ他社製品のスターターキットの相場は平均5,000円以上。比較しても半値以下の安さ。

 

味自体が美味しい

 

ネット上では特にクリスタルメンソールの評判が良い。
吸うと口の中に漂うなんとも言えない清涼感は、ニコチンタールの低いメンソールのタバコを吸っているのと変わらないと投稿している人もたくさんいました。

 

マンゴーやフレッシュベリーは気分転換、リフレッシュに丁度良い。
癖がなく吸いやすい。飽きたら交互に交換しながら使っているといった声も。甘みを抑えた上品な香りは男性からの支持も高い。

 

吸い終わったあとも口の中にイヤな感じが残らない。
僅かに香りが残るだけ。数分経てば何も吸った残り香も感じなくなる。タバコのようなヤニのイヤな感じはもちろんない。など、使用感に関して好感を感じている人の声が多い。

 

がっかりする女性のイメージイラスト

 

「イマイチだった」「思っていた感じと違った」といった悪い評判も…

 

 

ビタミンの効果は感じない

 

特別、肌質が良くなったり、風邪を引かなくなったということはなかった。健康面で何も変化は感じないといった声もあります。

 

純正ケースがないので持ち歩くのが不便

 

ケースがないので裸で持ち歩いている。ポケットに入れて持ち歩いているが衛生面が気になるという声が聞かれました。サイズの合うケースを探すのが面倒だったという人の声も見受けられました。

 

水没で壊れる

 

ズボンのポケットに入れて洗濯してしまった。→「結果壊れた」といった声も。

 

思っていたよりタバコらしさを感じなかったという感想も。

 

電池が減ってくると水蒸気の発生量が減るような気がする。奥までたくさん吸い込まないとタバコのようなガツンと肺にくる感覚を感じられないといった口コミもあります。

 

・C-Tec(シーテック)ってどんな電子タバコ?

 

 

ロアレスがおすすめの理由は?

 

ロアレスのカートリッジ部分とバッテリーを取り外した様子

 

女性に特化したおしゃれなデザイン!

 

とにかく見た目がおしゃれ!芸能人女性も愛用していてSNSで見かけてマネしたくなった!といった意見も多く見受けられます。スターターキットの購入で専用ケースが付いてくるのも紛失防止や汚れ対策に人気のようです。

 

心地よいアロマテイスト!

 

ほっと一息。リラックスできるようなアロマのテイストが「安らぐ」「落ち着く」「一服に丁度良い」といった反響に繋がっているようです。バッテリーの持続も従来の他社製品よりアップし、カートリッジの交換もキャップの開け閉めのような感覚で手間要らずというのも人気の理由のようです。

 

 

吸ってみた感想や実際手にとって感じたデメリットなど。悪い評判も…

 

味について不満の声も

 

もっとスパイシーな味のほうが好きといった意見や、まったりはっきりしない味といった感想を抱く人もいるようです。

 

煙が物足りないという声も

 

「もっと爆煙なら良かったのに」「水蒸気の量が物足りない」といった意見の人もいました。

 

吸うアロマというほどではかったという声も

 

吸うアロマというフレコミを見て購入してみたけれど、アロマオイルの蒸気のように芳香の効果はないとった意見の人も見受けられました。

 

・ロアレスってどんな電子タバコ?

 

 

フレンバーがおすすめの理由は?

 

屋外でフレンバーを吸引する女性

 

健康面での理由

 

・タールなし、ニコチンなし→健康的に香りを楽しむことができる

 

機能、使い勝手が良い

 

煙の量をコントロールできる

 

3段階の電圧調整ができるので場所によっては人目を気にしたり、受動喫煙を考慮できるといった感想の人もいました。

 

1度の充電で300回〜500回吸引することができる。1度の喫煙タイムで20回〜30回吸う人で約10回〜15回分。1日1回充電を満タンにしておけば1日持つといった声も。

 

USBで充電できるので外出中もノートパソコンや会社のパソコンで充電できるなど。

 

メンテナンスが楽

 

アトマイザー、バッテリーが別々のパーツになっているため、壊れたパーツだけを別途購入して新品にすれば使い続けることができる。

 

酷使してバッテリーが寿命になってもバッテリー部分を交換すれば良いのが便利という声も。

 

使いすぎてバッテリーがなくなったら予備バッテリーがあるので交換して使用ができる。

 

色んな味を楽しめる

 

ネット上で、最も人気が高かったのはストロングメンソール。次いでマスカットやハードブラストメンソール等。チョコレートやブルーハワイなど、個性ある香りを楽しむことができて楽しい。甘さがあるので葉巻のような感覚で煙を楽しむことができるといった感想も。種類は全11種類。

 

 

吸ってみた感想や実際手にとって感じたデメリットなど。悪い評判も…

 

 

煙の量が少ない

 

たくさん吸い込まないとタバコらしさを感じられないといった感想やタバコという概念よりただの香りのフレーバーという声も見受けられました。

 

思っていたより重かった

 

他社のVAPE製品と比べて重かったという感想が多く見受けられました。ずっしり重量を感じるので"くわえタバコ"のようなことができなかったという声も多く聞かれます。

 

サイズがあるので荷物になる

 

さらっとポケットに入るサイズではなかった。ポーチやバッグに入れて持ち歩かなければならないので手ぶら主義の男性にはちょっと不向きといった声も。

 

電源が逆に面倒

 

電源を入れたり消したりするのが逆に面倒。不要といった感想の人もいました。

 

・フレンバーってどんな電子タバコ?

 

 

VP ONE(ヴィピーワン)がおすすめの理由は?

 

VP ONE(ヴィピーワン)を吸う外人女性と商品の画像

 

健康面での理由

 

・タールなし、ニコチンなし→副流煙も気にせず吸える
・口臭などが残らない

 

経済的にお得→タバコ代の軽減

 

タバコと電子タバコのコスト比較グラフ

 

公式サイトで紹介されているタバコと電子タバコのコストを比較したグラフです。1日=1箱たばこを吸う人で、月間およそ1万円のタバコ代削減につながるのが分かります。

 

詰め替えるリキッドは10ml×1本でおよそ3600回吸うことができます。これは普通のたばこを1本あたり×8回吸う場合で考えると約450回分!

 

「1日の喫煙量が多くなればなるほど、通算で掛かってくるタバコ代の負担を軽減することにつながる」ということで家庭のお財布を考えている愛煙家の主婦の女性にも支持を得ています。

 

日本の香料メーカーが開発の安心感

 

日本の食品衛生法に基づく食品添加物のみ使用という点で推奨している人が多いです。

 

味が好きという声も

 

「メンソールが他社製品と比べて強く感じてよかった」「コーラ味にハマった」「水蒸気の量が丁度良い」といった感想が多く見受けられます。

 

 

 

使い方に懸念の声や味に微妙だと回答している感想も…

 

 

 

同じアトマイザーで味を変える場合

 

同じアトマイザーを使って味を変えてみた際、少し前回の香りが混じっているような感じがあった。という感想がありました。

 

甘さが他社製品より甘いという感想も

 

甘みがあまりないという表示だったが、けっこう甘かったと回答している人が複数いました。

 

充填作業が最初不慣れで大変だった

 

細かな手作業が少しわずらわしいと回答している人や2分放置時間がイライラすると答えている人もいました。

 

ボトルが硬かった

 

ボトルが硬くて、最初力任せだったが、よく確かめるとボトルのまわりに緩ませる部分があることに気づいた。という口コミがありました。

 

・VP ONE(ヴィピーワン)ってどんな電子タバコ?

 

 

JPベポ(JPvapor)がおすすめの理由は?

 

JPベポ(JPvapor)のIシリーズの宣伝画像

 

健康面での理由

 

・タールなし、ニコチンなし→人体に無害
・水蒸気なので副流煙による害もなし

 

使用のしやすさ

 

・スイッチを入れてくわえて吸うだけ→サブオームで煙の量をコントロールできる
・バッテリーは無くなる前にUSBで充電するだけ

 

爆煙!煙の量が多い!?

 


※煙の量を確認できる動画です。

 

JPvapor(JPベポ)の最大の特徴は他の電子タバコと比べても多いと評判なところです。吸っている実感、ニコチンを感じるような満足感(実際はニコチンなし)について高い評価があります。

 

煙の量は空気の流入量をコントロールすることで調整が可能。
ニコチンのような吸い心地を感じたければ空気量を減らし、香りを楽しむ趣旨の場合は空気量を増やして使います。

 

稼動時間が長いので充電の手間が少ない

 

連続で稼動できるのは100回以上。バッテリーを気にして1日に何度も充電をしなければならないストレスがありません。

 

 

「イマイチだった」「使っていてデメリットもあった」といった悪い評判も…

 

 

スターターキットはぼちぼちの値段

 

最近ではVAPEタイプの電子タバコでも2000円台ではじめられる商品が増えてきています。JPvapor(JPベポ)のスターターキットは4980円。消費税や送料を合わせると実際は6千円以上掛かる場合もあります。付属品が充実しているので割安と考える人も多いですが、軽く試してみたいと考えている人にとっては少し高めの値段と感じている人も多いようです。

 

煙量が多いことがデメリットになる人も

 

職場で吸っているとき、「煙の量が多くて目立つ分、煙たがられることがある」という意見や、「外では気軽に吸い辛いくらいの煙量」と答えている人もいました。

 

パワーランプの誤作動にふりまわされるという声も

 

ボタンを押してもパワーランプが点灯しなかったり、点灯しているのに吸えない状況があったり、ボタンが押しっぱなしで戻らなくなったという声も聞かれました。

 

・JPvaporってどんな電子タバコ?